20代ニートのブログ

20代現在ニート。 悩みてんこ盛りの馬鹿ニートが書くブログ。同じ症状で悩む人へ少しでも役に立てばと書いてます。そして、自分の中に溜め込みすぎないように吐き出す目的で書くこともあります。好きなもの:和風なもの、西洋の建物、ヨーロッパ、洋菓子、猫、エレキベースの重低音、思いつけばまた書きます☆。.:*・゜

続きの続き

 

3歳児にビンタ、4歳児を海に放り込む、戸塚ヨットスクール。 

 

 

暴力で育てられた人間がどうなるか知らないんでしょうね。私のお母さんは幼少期親にすぐ叩かれたり怒鳴られたりされて育ったそうです。

 

 

 

なので私にも暴力的なことをします。暴力で育った子供は親になると同じことを繰り返します。なんでかって、それは

 

 

暴力という育て方しか知らないからです。

 

 

 

なので戸塚ヨットスクールから出た人たちは将来虐待しそうだと思います。

 

 

 

 

あんな古臭い育てかたは時代遅れであり多少は時代の流れを認識してもらいたい。なんで神様もあんな人物を生かしているのか。

 

 

 

穏やかに伝えれば、そして伝える言葉を選べる人間なら確実に子供の心に届けることが出来るでしょう。私のお父さんはそういう人でした。私が過去にヤンキーで荒れていても怒鳴りつけず怒らず話を聞いてくれていたので私は素直に言うことを聞けました。そういうのが出来ないんですね、戸塚ヨットスクールは。

 

 

教育に関して不器用なくせに自らの歪んだ持論を貫く。不器用だからこそ暴力しかできない。体罰という名の暴力。

 

 

 

 

署名集めて潰したい。

警察も何もあれを潰さないんだから。

 

 

 

 

 

ヨットスクールが滅びるまで怒りが収まりません。毎日この話題でブログを書いてやりたいくらい腹立たしい。

死人を出しても反省もしないものを放置している警察もどうなってるの。

 

 

 

自分たちが感情だけで怒鳴りつける悪質でとんでもない教育をしているのに開き直ってるんですから腹立たしいです。

 

 

 

子供の育て方に関して私が思うことは、幼少期に甘やかしてはいけません。将来ワガママになります。甘やかすとは好きなだけものを買い与えたり子供の言うことをすべて聞いたり子供に自分で自分のことをさせず親が全て手伝ったりすること。

 

 

微笑む、かまってあげる、など他にもありますがそれらは甘やかすではありません。それは愛情です。

 

愛情と甘やかしの区別は大切です。

 

 

子供に自分のことは自分でさせないと何も出来ない子供になります。私は19歳でやっと洗濯、皿洗い、家の掃除などができるようになりました。それでいて未だに料理はできません。親が料理をさせてくれませんでした。

 

お母さんからすればできないから二度手間で邪魔なんだそうです。お父さんは料理もデザートもたまに作りましたが私はお母さんが怒ると思って教えてと言えなかった。幼少期から料理を少しは手伝ったりしていれば慣れていてある程度大きくなった時もようりょうよく対応できていたと思います。そして、できないというのは19歳なのに料理ができない、遅い、からできないと思うんでしょう。もしこれが小学生とかなら遅いとは思わない。だから幼児期に料理なんかも少しずつ教えていないといけないのかなと思ったりします。

 

 

 

私は幼少期に祖母といることが多かった。祖母は何でも買い与えてくれた。お金が足りなくなると祖父にお願いして工面した。そういうことをしていたから私は小学校低学年の頃にはすごくわがままで扱いにくくなったそうです。

 

そこにお母さんが怒鳴ったり叩いたりするもんだから幼いながらに「おばあちゃんがおばあちゃんの型にはめたのに今度はお母さんが無理やり矯正しようとして。だったら最初から自分で面倒見ればいいのに。」と思っていました。

 

なので我慢させることも必要です。当然暴力ではなく穏やかにしゃがんで同じ目線でゆっくり話す。焦れば焦るほど親は過激化し、子供にきつく当たり手を出すようになる。子供がすぐに言うことを聞くというふうな焦って答えを出すような対応ではなく長い目で見るような対応が望ましいです。

 

親が過激化して怒鳴る叩く殴るなどすれば子供は余計泣きわめきます。私もそうでした。YouTubeなどで子供への対応の仕方の動画を見ていると、やはり上手な人は子供と同じ目線で優しく冷静に話しています。

すると子供も次第に穏やかになります。

 

 

日々の忙しさの中でこんなことをする余裕は無いでしょうし、子供を育てたことがない20代の者が生意気を言いましてすみません。

 

 

私は戸塚ヨットスクールにお世話になる人を少しでも減らしたいんです。どう考えてもあれの教育方針は納得できません。

 

親も粘り強く穏やかに言葉を伝えないといけないのと、物やおやつで気を紛らわせたりしては後になって成長した時にそのしわ寄せが来ます。

 

 

 

 

もう一つあります。それは否定しないこと。

これも私の経験談ですが、私はわがままに育っていたので習い事も時々サボってあまり行きませんでした。サボっては親に叩かれた。そしてあんたはできない子というレッテルを貼られた。

 

 

人のせいにはしたくないですが正直言ってわがままにしたのはおばあちゃんです。肝心な時に優しくきちんとしたしつけをされていないので1度わがままになってしまっては当時の私も自分で自分をコントロールするのが難しかった。そこへ「あんたはだめだ」とお母さんに言われれば余計凹みます。そして自信を失います。自分のせいじゃない!と思いながらさまよっていた。でも誰かのせいにしても何も返ってこない。罵声が返ってくるだけ。そんなことも成人してから気づきました。

 

 

学校でいじめられた時も私がお母さんに怒られました。「あんたがシャキシャキしてないから悪い。あんたは暗い。」と。

 

 

もし、お子さんがいじめられても絶対に怒ってはいけません。

 

そういう対処をすることはニートへのカウントダウンを促すような行為です。お子さんは自信を失います。

 

いじめられてどうにもならないのに怒れば傷口に塩をすり込む行為です。真剣に慰めてあげてください。

 

絶対にお子さんを否定しないでください。むしろ自信を持てと言ってあげるくらいでいてほしい。

 

そしてお子さんの得意分野を伸ばしてあげてください。得意分野がないなら色々な体験をさせて夢中になれるものを一緒に見つけてあげてほしいです。そこから夢が生まれて夢中になればニートになんてならない。あれこれ口出しせず否定せずにいてあげてほしいです。

 

 

 

戸塚ヨットスクールにお世話になる人を一人でも減らしたい

これ以上犠牲者を出してはいけない

そのためにも少し熱く語りすぎました。

 

 

 

※追記。  「およそ法の概念から外れたとんでもないことをやっています」
  「人権という概念をしっかり勉強してもらいたいものです」と刑務所の警察のことを言ったそうです。

 

自分に甘い人間。

自分のことを棚に上げてよく堂々と言えますね。概念から外れてるのはあんただろ戸塚。

 

 

人権という概念を勉強するのはお前だろ戸塚。お前のような他人の人権を踏みにじるような奴に人権はない。よって戸塚は自らの人権を主張する資格はない。

 

 

戸塚の言い分は間違っているという認識を世間に広めたい。

 

それで、この場をお借りして発言させていただきました。

 

失礼しました。