20代ニートのブログ

20代現在ニート。 悩みてんこ盛りの馬鹿ニートが書くブログ。同じ症状で悩む人へ少しでも役に立てばと書いてます。そして、自分の中に溜め込みすぎないように吐き出す目的で書くこともあります。好きなもの:和風なもの、西洋の建物、ヨーロッパ、洋菓子、猫、エレキベースの重低音、思いつけばまた書きます☆。.:*・゜

お題

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

 

もしも魔法が使えたら過去に戻って人生をやり直したいです。

 

 

前置きが少し長くなりますが宜しくお願いします。

 

 

 

 

今日、中学の時の友達とラインをしてました。

 

いろんな人と関わってわかったことだけど、

その友達が1番いい人だと思います。

真面目で純粋で悩み事に対して真剣に向き合ってくれるし聞いてくれる。

 

 

私は中学でいじめに遭い、

赤面症を患い、不登校になりました。

 

 

人と話せなかった私を人と会話ができるようにしてくれたのが今日ラインをしてた友達です。

 

 

 

こんなクズでも本当の友達だなんて言ってくれて、

私自身は私のどこがいいのか全くわかりませんが、

そう言ってくれる人を大切にしたいです。

 

 

それと同時に、

中学の時不登校になったことを本当は悔やんでいるのに、そればかりくよくよ思っても仕方ないと思って分厚いコンクリートみたいなフタをしてしまって、

そのまま年月が過ぎてしまいました。

 

 

 

「あいつらのせいで不登校になった」と言ってもいいでしょうけど、

人のせいにしてる自分が嫌だし、

そんな暇があるなら何か他のことをする時間に使いたかった。

 

 

悔やんでも戻らないので諦めていました。

 

 

 

でも、分厚いフタに亀裂が入って、

地面が割れるみたいにして

ぶわぁぁああ!って「本当は悔しかったんだ!」って

 

感情が溢れて泣きました。

 

 

 

これが正直な気持ちなのだと気づきました。

 

 

 

 

これだけ本当は後悔している

 

 

 

この気持ちに気づけたからこそ、

今日は心の底から過去に戻りたいと思いました。

 

 

 

でもそんなこと出来ないので

今をもっと気合を入れて過ごさないとと思いました。

 

 

 

本題ですが、

過去に戻ったら魔法で赤面症を治して、

いじめてきたやつらをビビらせる魔法を使いたい。被害を受けない魔法。

 

 

はっきり言ってあの時のせいで狂ったようなもので、成績もよかったのでとても悔しいです。

もしあの時いじめられずに不登校にならなければ今はもっと違ったかもしれない。

 

 

根に持つんじゃなくて、あの時のせいで今も影響が残ってるようでそう考えるとどうしてもあいつらのせいだとも思ってしまいます。

 

 

でも色々と遠回りすると遠回りしたからこそ学べたこともあると思います。

 

それに、中学で上手くいっても高校や大学で挫折していたかもしれない。

 

中学で喋れなかったから高校では少し明るくしてみたりしました。

 

人ってどこで挫折するかわからない。

 

 

 

なんだか現実的すぎて魔法らしくなくなってしまいました(ノ∀`)笑。

 

 

被害を受けない魔法よりも、

被害を受けても挫けない魔法が欲しいです。